土壌汚染調査の必要性|簡単に落ちることはない

きちんとしよう

工事

地質調査をするきっかけ

地質調査は、最近始まったことではなく、何百年も前からあると言われています。地質調査をする場合の多くはそこに建物を建てる場合です。地質調査に重要な意味がある理由は、その土地の地盤自体が軟弱な場合は、いくら立派な家を立てたとしても自然災害により地滑りが起きたり、建物が倒壊する恐れがあるからです。そこで、少しお金がかかりますが地質調査をすることで、いざというときの備えができるようになります。地質調査にかかるお金はおよそ20万円から30万円と言われています。もし地質調査の結果自分が軟弱であれば、地盤改良する必要があります。地盤改良にかかるお金はその住宅の建設にかかったお金の5パーセント程度が相場だと言われています。

問題点について認識しておく

地質調査をする場合、当然ながらその地盤が悪ければ地盤を良くする工事が必要になります。ですが、あるデータによれば地盤改良をした土地の家の7割は実は地盤改良しなくてもよかった土地であるという結果が出ています。このようなことが起こるのは、そもそも地質調査を1社のみで行っているからです。つまり、地質調査を行う場面では、その会社が地盤改良が必要だと判断した場合には地盤改良をしなければならなくなるということです。これを防ぐためには、そもそも信頼されている調査会社を選ぶ必要がありますが、それとは別に調査に第三者を介入させるという方法もあります。第三者を介入させることで一社だけの判断ではなくより客観的な判断ができるからです。