土壌汚染調査の必要性|簡単に落ちることはない

強度をあげる意味

ヘルメットと重機

暮らしを守る地質調査確認

地質調査といえば、原発事故が発端となり、活断層調査が多くの人達の関心事になっている。土砂災害が起きると、自治体等で新たな地質調査が行われ危険地域の見直しがなされている。神戸の震災で、同じ地域でも、倒壊した建物と、殆ど被害を受けなかった建物があり、地盤の軟弱さが拘わっているとされ、地質調査は、建物を建設する前に必ず行われるようになった。家屋をはじめとした、建設物件への投資は相当な出費を必要とするわけであるから、安全性の担保確認としても地質調査の必要度はより重要になってきている。私達は、土地と言う活動基盤の上で、生活しているわけであり、その土台が軟弱であることのリスクはとても大きい。そのリスクを出来るだけ小さくしていく為にも地質調査はより大事になってきている。

事故、災害を未然防止する為にも

一度災害が発生してしまうと、良く耳にする言葉が「想定外」と言う言葉である。この言葉の裏には、事前調査の足らなかった部分の責任回避の意向が見え隠れしている。地質調査の不備から来る災害はその地域全体に及ぼすので被害も甚大になりやすい。前以て地質調査をしておくことで、その被害を少しでも防げれば、その経済効果も大きい。地質調査は、私達の生活基盤となっている、経済活動の安全性を確保していく意味でも大切である。昨今、都市開発が進み、山肌を削り、谷や沼地や海面等を埋め立てる等して活動地域を拡大してきた経緯がある。埋め立ててしまえば、川があった部分や陸地と水辺の境部分は見極めが出来ない。このような場所が軟弱地盤となる確率が高いので、開発前の地形を調査する等の心配りが重要である。